<<目次へ


モーグラーのためのMTBライディング vol.1 -基本姿勢とバランス-



 あらゆるスポーツにおいて基本の構えというのがあります。この基本の構えというのは最もバランスが取れていて,なおかつどのような動作を行うときにも瞬時に動きに対応できるようでなければならないのです。しかし,いろいろな動きのなかでこの最もバランスが取れた姿勢というのは少なからずとも崩れてしまいます。

 そこでどんな姿勢になってもバランスを保つということがとても大切なこととなってくるのです。モーグルでいえば,重心が後ろに傾いてしまうとか,エアの着地で左右にバランスが崩れる,といったものです。要するに前後,左右のバランスを保つというのが重要なポイントなのです。



練習 手をハンドルに添えた状態で走行する(左図)。手をハンドルに被せた状態で走行する(右図)。

練習の目的 これは前後のバランスのブレを修正するための練習です。しっかりと基本姿勢が取れている、すなわちペダルにしっかりと乗れている状態であれば、ハンドルを握っていなくてもバランスを崩さずに乗れるはずです。

 下の左写真のように手を添える場合、もし体重が後ろに行き過ぎていると後ろに倒れてしまいます。それに対して下の右写真のように手をかぶせる場合、もし体重が前へ行き過ぎていると前へ倒れてしまいます。そうならないように、しっかりとペダルの上へ乗ってあげる必要があるというわけです。

前後のバランスを取る練習



練習 片手をはなして走行する。

練習の目的 これは左右のバランスのブレを修正するための練習です。片手を放すと、左右どちらかに体重が偏ってしまいますが、基本姿勢を保てていれば問題なくまっすぐに走行できるはずです。

左右のバランスを取る練習



練習 両手をはなして走行する。

練習の目的 これは前後、左右のバランスのズレを修正するための練習です。もし、しっかりと基本姿勢を保ち、ペダルの上に乗れていれば、両手を離してもまっすぐに走行することが可能です。

総合チェックのための練習



 以上の3つの練習がを行って、これらのライディングができれば、それは基本姿勢を作ってしっかりとペダルの上に乗れている証拠です。すべてのアクティブな動きの基本はこれができて、初めて挑戦することができます。

>> 基本姿勢の練習(サイズ 9.93MB、時間 6:08)