<<戻る


ドロップオフの補足説明



絶対に避けるべき失敗例

これは完全に身体が遅れてしまっているので,後輪からの着地というよりも背中からの着地になってしまう。




後輪を引きつける動作のはじめ

まぁ,ここまでは良いが。。。

後輪を上げすぎて前輪から落ちてしまう


>> 失敗例のムービー(ノーマル)
>> 失敗例のムービー(スロー)



もっと高く気持ちよく!! 高度なドロップオフ技術

 これはバニーホップと漕ぎ上げホップで降りるというだけのことで目新しい技術ではない。これは今までに説明してきた方法とは違って,降りるというよりは「飛び降りる」という感じになる。その分,高く飛ぶことができて快適な空の旅が楽しめる。しかしながら,高く飛ぶということはそれだけ危険も大きくなることを十分に考慮してチャレンジして欲しい。

 またこれらの技術は段の切れ目が盛り上がっていたり,少々の障害物(例えば枝など)があってもそれを回避しつつ段差の下に降りることができるというメリットも大きい。

 これは写真で説明するまでのことはないので以下の動画を参考に。

>> Movie(ノーマルバージョン)
>> Movie(スローバージョン)