<<Contentsへ戻る


6. もっとMTBを楽しむために その場で立ってみる(スタンディング)



■ スタンディング

 スタンディングとはstandingですから,つまり「立つこと」あるいは「立っている状態を続けること」です。もちろん,二本足で立つことは簡単にできるわけですが,ここでいうスタンディングというのは自転車に乗っている状態で立ち続けることなのです。もう少しいえば,動かずにその場でジッとしていることです。

 スタンディングはMTBライディングの基礎となっている技術ですが,単純な技ほど極めるのには相当な努力が必要となります。これができるようになるだけで,バイクコントロールが何倍にも増します。

〜 手順 〜

1) 軽く走っている状態からブレーキング

2) 自転車が完全に止まったらハンドルをどちらかに切る

⇒ ペダルの上にしっかりと乗っていることが大事
⇒ あまり前かがみになり過ぎないように注意する
⇒ 目線は下ではなく,やや前方に向ける
⇒ 前輪のブレーキの調節がポイント
スタンディング


>> スタンディング、センター合わせ(サイズ 6.30MB、時間 3:53)