<<Contentsへ戻る


7. もっとMTBを楽しむために 前輪を上げてみる(フロントアップ〜マニュアル)



■ フロントアップ

1) 微速状態からアプローチする

2) 前傾姿勢をとる

3) 前傾姿勢でためた力を解放する(ハンドルを前方に押し出すと同時に後傾姿勢をとる。このとき,ただ後傾姿勢をとるのではなく,ペダルを押し出すことが重要)

(1) 前傾姿勢(前に力を溜め込む)

(2) 前傾姿勢から後傾姿勢へと体重移動し始める

(3) 後傾姿勢(同時にペダルを前へ押し込む)

(4) フロントが上がり始めたら後傾姿勢を解除していく


>> フロントアップの練習(サイズ 9.04MB、時間 5:35)



■ マニュアル

1) 少し速めのスピードでアプローチをする

2) フロントアップと同じ要領で前輪を上げる(このとき急激な動作をせずに,ゆっくりと前輪を上げることが重要)

3) 膝の動きとブレーキの調節で前輪が上がった状態を維持する

アニュアルは上のCの写真の状態を維持するだけです。


■ 止まった状態からのフロントアップ

1) スタンディングの状態からアプローチする

2) ペダルを少し上げる

3) 上げたペダルを漕ぐ(このとき,あまり強く漕ぎすぎないことがポイント。そして漕ぐのと同時に後傾姿勢をとる。)

4) 前輪が限界点に達する前にブレーキング

(1) スタンディングの状態

(2) ペダルを漕ぎ出す準備をする。

(3) ペダルを漕ぎ出し始める。

(4) ペダルをいっぱいまで漕ぐ(踏み込む)。

(5) (4)の状態から,身体を前に持っていく(自転車を引き付ける)。

(6) 最終的にフロントが上がった状態。


>> マニュアル、ペダリングによるフロントアップ、ウィリー(サイズ 9.02MB、時間 5:35)