<<Contentsへ戻る


9. もっとMTBを楽しむために ぴょんぴょん飛びましょう(ホッピング)



■ ホッピング

1) 走っている状態でも止まっている状態でアプローチしても良い

2) 基本姿勢からそのまま膝を曲げて力をためる(体力テストの垂直飛びと同じ)

3) ためた力を解放する。真上に身体を伸ばすだけで無理に自転車を浮かせようとする必要はない。ただし,このときにペダルに足を引っ掛けることを忘れないようにする(でないと身体だけが浮いてしまう)。


(1) しっかりと力をため込む。

(2) ためた力を真上に向けて一気に解放する。

B 後は自然にバイクがついてくる。


>>ホッピングの練習(サイズ 2.22MB、時間 1:22)