<<目次へ


激下りの対処方法



 下り坂というよりは、ほとんど段差にちかいほどの"激下り"があるでしょう?

 原則として基本姿勢を保った状態でアプローチすれば(下れば)問題なくクリアできます。

 しかし、その場合は吸収動作が生まれるので若干のロスがあります。それを回避するためにバニーホップを応用することができます。


>>動画を見る
(1) 段差の1mくらい手前(感覚的に距離をつかむしかない)からバニーホップする。
(2) あまり高く飛ぶ必要はなく、軽くホップする程度でよい。遊び感覚を味わいたいのなら高く飛べばよい。
(3) 空中では両輪を同じ高さにするのではなく(基本ではそうだったが)、前輪から落とすように、やや強めに前へ加重する。
(4) 前輪から着地する。これによって減速を防ぐことができる。