<<目次へ


モーグラーのためのMTBライディング vol.3 -カービングテクニック-



 これはモーグルに限らず,アルペンスキーヤー,カービングターンを楽しむ人まで幅広く使える練習方法です。スキーのカービングテクニックとMTBのカービングテクニックとは鏡に映したように似ている。基本はカーブする際に外側の足に体重をかけること,傾けるのは下半身のみで上半身は地面に対して垂直,そして視線は進行方向を向くことの3点です。


 写真で説明してみよう。下の左の写真が基本的なターンのポジションである。これはスキーのターンと格好が全く同じであることに気づくだろう。冒頭に述べたが,(1)目線を前に向ける,(2)背筋は伸びていて地面に対して垂直,(3)傾けるのは足だけで外側の足に加重,という3点がキモなのである。

 一方で右の写真は路面が滑りやすいとき,すなわち雨で道路が濡れていたり,落ち葉で滑りやすい状態になっているときに使用すべきポジションである。この場合,バイクの傾きは左の写真より浅いのでグリップ力が増すわけである。コツはバイクを外側に押し出して身体を内側に入れる感じでやること。当然ながら外足に体重がいっているようでなければならない。

 また,このポジション(右の写真)は基本ポジションでターンしているときに滑ってしまった場合のリカバリとしても使える。「ガガガガァ〜」と滑り出した瞬間にバイクを外側に押し出すことによって転倒を避けるのである。



(左) ターンの基本ポジション


(右) 滑りやすいときなどに使用するポジション



 ターンは下図の赤丸1〜3の3点にポイントがある。まず1の地点(=ターンの始まり)においては徐々に加重を始めてバイクを傾けていく。続いて2の地点(=ターンの最中)ではターンのポジションを維持する。そして3の地点(=ターンの終わり)では加重していた力を徐々に解除していく。この力の強弱がカービングテクニックとしてとても大切なポイントとなります。

ターンのポイント



(1) この状態はターンに入る前です

(2) ターンのはじめ(加重を開始-上の赤点1)

(3) ターンの最中(ターンの基本ポジションを維持-上の赤点2)

(4) ターンの終わり目(徐々に加重を解除-上の赤点3)

(5) ターンの終了と同時に次のターンへの準備をする


補足説明


>> ムービー(ミドルターンとショートターン)
>> ターンの理論に関する解説 約8分