<<戻る


段差を登ろう(ステアケース)



 前ページではバニーホップの応用としてステアケースを上る方法を紹介しました。今回は漕ぎ上げホップの技術を応用して上る方法を紹介します。

 ・・・と,そういえば漕ぎ上げホップの解説をしていないことに気が付きました。基本は[止まっている状態からのフロントアップ]と同じなのですが,これは別ページで説明しましょう。とりあえず,ステアケースの説明をここでしておくことにします。

 以下で説明しているやり方はトライアルで頻繁に使われる方法だと思います。ダニエルという技でで障害物から障害物へと飛び乗る感じでしょうか。これは後に説明する1m近くあるステアケースを上るときには必須の方法です。

 なぜなら,バニーホップはある程度スピードが必要な技だからです。最低でも人が軽く走るほどのスピードがなければ難しいでしょう。

 成功すれば良いですが,そんなスピードで障害物(ステアケース)に衝突したら怪我をしてしまいまうというわけです。


(1) 左ペダルを漕ぎ上げる寸前

(2) 左ペダルをグッと踏み込んだ瞬間

(3) フロントアップし始める

(4) マニュアルの状態と同じ

(5) 伸び上がってホップした状態

(6) バイクを斜め前へ押し出し始める

(7) 完全にバイクを押し出している状態

(8) 後輪で着地


>> ムービー(ノーマルバージョン)
>> ムービー(スローバージョン)